とあるエンジニアの作業ブログ

GCP クラウド ノーコード 作業効率化

AppSheet逆引きリファレンス ~VLOOKUP~

投稿日:2020年10月16日 更新日:

前回サボってしまって書ききれなかった記事の続き。

まだまだ事例の少ないAppSheet。
逆引きリファレンス的ノウハウとして前回はExcelで言うところの「データの入力規則」、すなわちリストデータを保持しているテーブルを参照しプルダウンリストを作ったが、今回は「vlookup」、すなわち入力されたなにかしらの値にしたがって外部テーブルから値を取得して他項目の値を自動で埋める処理を実装する。

ちなみに前回の記事はこちら(マスタデータ参照編)

他にもAppSheetの逆引きリファレンスを投稿してますのでよかったらご覧ください。
AppSheetの逆引きリファレンス

テーブル構成

再掲ですがテーブル構成。
会社マスタから会社名を引っ張ってくるようなケース。

会社マスタ
company_code company_name
1000 株式会社サンプルワン
2000 Sample 2, ltd
・・・ ・・・
商談テーブル
deal_id deal_name company_code company_name amount
id_001 サンプルアプリの構築 マスタデータのコード値から選択 選択されたコードに該当する会社名を取得 1,000,000

入力されたコード値から名称を取得する

まずはテーブル。デフォルトの deal テーブルは以下の状態。
deal Columns

この company_code にコード値が入力されたら該当の company_name を company テーブルから自動取得する。
なお、company_code をプルダウンにしたくなるとおもうがそうすると前回の記事と内容が全く同じになるので(ry

company_name の FORMULA の欄をクリックして LOOKUP([_THIS].[company_code],"company","company_code","company_name") と入力。
LOOKUP FORMULA1
LOOKUP FORMULA2

これで設定は完了。エミュレーターで確認してみる。
LOOKUP Demo

ふむ、できた。
でもこれ、使い道あるんかな?? LOOKUP せずとも普通にREFさせた時点で、コード値じゃ無くて名前が返ってくるのでLOOKUPの処理も同時に行われているようなもの。
一生使い道ないんじゃないかと思ったり思わなかったり・・・

まぁなにはともあれ出来ましたとさ。

-GCP, クラウド, ノーコード, 作業効率化
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【備忘】ChromeのMarkdown Preview Plusプラグインでプレビューできなくなった時の対処法

ChromeでMarkdown Preview Plusというプラグインを使ってライトにマークダウンを読んでたんだが、急にマークダウンがPreviewできなくなった。 色々試した結果、なぜかファイルU …

【備忘】dockerグループに一般ユーザーを追加する

EC2のUbuntuにdockerをインストールすると、そのままだと、 Got permission denied while trying to connect to the Docker daem …

kintoneで予算管理アプリを作るまで 〜ユーザー・権限管理編〜

仕事でkintoneを使って予算管理を行えないか!?的な話に巻き込まれた。 kintoneなんて使ったこともないし、今後も使うつもりはないが、一応フィジビリティしたのでメモ。 ユーザ・権限管理とアプリ …

【備忘】Google Cloud Functionのへろわメモ

GCFのへろわメモ 仕事で初めてGoogle Cloud Functionを使うことになったのでへろわのメモ。 このサイトとこのサイトを参考にした。 環境構築 gcloudコマンド使えるようにする。公 …

MacでAsciiDoc環境構築メモ

MacでAsciiDoc環境を構築した時のメモ。簡単にできると思いきや、思いの外時間がかかったので自分用に。 目次 動作環境 やりたいこと AsciiDocもろもろのインストール トラブルシューティン …