とあるエンジニアの作業ブログ

コンサル マネジメント 作業効率化

kintoneで予算管理アプリを作るまで 〜ユーザー・権限管理編〜

投稿日:2020年7月11日 更新日:

仕事でkintoneを使って予算管理を行えないか!?的な話に巻き込まれた。
kintoneなんて使ったこともないし、今後も使うつもりはないが、一応フィジビリティしたのでメモ。

ユーザ・権限管理とアプリ実装の2本立てでまとめようと思う。

ユーザー・組織管理構成

元にユーザー・組織管理の構成は以下のような感じを目指す。
Active Directoryとか他のアカウント管理との連携とかも気になるが、だるいのでそういうのは今回は無視。

事業部 部門 役職 承認権限 参照権限 編集権限 削除権限
事業部 コンサル部門 ディレクター あり 部門横断で可 部門横断で可 部門横断で可
シニアコンサルタント なし 自部門のみ可 自部門のみ可 自分のもののみ可
コンサルタント
開発部門 ディレクター あり 部門横断で可 部門横断で可 部門横断で可
シニアエンジニア なし 自部門のみ可 自部門のみ可 自分のもののみ可
エンジニア

よって必要なロールは以下の3つ。(デフォルトの「Everyone」入れると4つ。)

ロール 説明
Directors 役職ディレクターに割り当てられるロールで、承認権限など強い権限がある。
Consulting Div. コンサル部門の全員に割り当てられるロールで、”コンサル部門の人の予算申請はコンサル部門の人しか見れない”という制御をするためのもの。
Product Div. 開発部門の全員に割り当てられるロール。用途はコンサルと同様

実際の設定

まずkintoneのアカウントを作り、指定したサブドメインでログインする。
そこから「cybozu.com 共通管理」ってとこでユーザーやら組織、権限の権利が行える。

まずユーザーを作る。
ユーザー作成

次に組織を作る。
組織作成

そして役職を作る。もはや開発分を作るのがだるいのでコンサル分だけにしてみた。(ディレクターは部門によらず共通)
役職作成

最後にロールを定義する。その際、必ずロールタイプは「動的」を選択する。
「静的」にするとユーザーへのロール割当てを一人一人やらねばならず運用が回らなくなる。
ロール作成
ロール定義

ここがキモなので少し詳細説明。
各ロールの右の歯車マークを押すと「所属ユーザーの条件の編集」が行えるのでこれで各ユーザーにロールを割り当てる。
例えば以下は「Consulting Div.」のロール。
所属ユーザーの条件の編集 Consulting Div.

みて分かる通り、所属組織が「コンサル」の人に自動でロールが割り当てるように設定している。
なお、これも当たり前だがユーザーを組織に所属させることも事前に行っている。

次に「Directors」のロールをみてみる。
所属ユーザーの条件の編集 Directors

こちらは役職が「Directors」の人が自動でロールが割当たるようにしている。

あとはアプリ側でそれぞれのロールに対して適切な権限設定をすればOKだが、それは次回まとめる。

-コンサル, マネジメント, 作業効率化
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

改めてリーンスタートアップの要点まとめ(1/3) 全体概要&第1部

ここ2、3年の仕事はプロジェクトをアジャイルで進めることが多く、かつ今度リーンスタートアップで提唱されているプロセスを採用するということで改めてリーンスタートアップを読んでみた。 以前読んだときは自分 …

【備忘】MacのExcelの自分的よく使うけど忘れがちなショートカット

MacのExcelのショートカット備忘録。個人的によく使うけど忘れがちなショートカットのみメモ。(感覚的にWindowsとほぼ同じやつは記載割愛) 作業内容 ショートカット セルの編集モードに入る c …

中心極点定理ぃぃぃ????

【備忘】中心極限定理に関する自分なりの解釈

中心極限定理を自分なりに腹落ちするためのメモ。 要するにの中心極限定理の理解は、 元データが正規分布に従ってなくても、そのデータをサンプル抽出していくつか足し合わせたものはたいてい正規分布に従う とい …

重み付け決定手法(ウェイト計算)

定量評価における重みづけの決定手法に関して勉強した内容をメモ。 目次 総論 一対比較法とウェイト計算 一対比較法 重要度の判定と9点法 一対比較表の作成 ウェイトの計算 総論 AHP(Analytic …

様々な言語モデルを箇条書きで解説

本やWebで調べた自然言語処理における言語モデルやアルゴリズムに関する知識を箇条書きまとめ。 文章の確からしさ 5-gram言語モデル(n-gram言語モデル) n-gram言語モデルは単語の出現確率 …