とあるエンジニアの作業ブログ

Web製作 マシン環境

MacでのAdobeクラウドストレージ活用と作業用ディレクトリ

投稿日:2019年3月23日 更新日:

最近Macを買い換えた。新しいMacはStorageを256にしたのでローカルにバンバンファイルを保存するのには不安が残る。
そこで、これを機に本格的にローカルへのファイル保存をやめて、全てクラウドストレージに保存することにしようと思う。
ひとまずAdobeのクラウドストレージが20GB使えるので一旦そこを仮宿に決め、ローカルでやったことのメモ。
ちなみに、ここで整理したやり方はiCloudでも使える。今後もMac使っていくならiCloudが料金も安そうだしメインにするには良さそう。
(別で整理する予定。)

DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation

同期フォルダの確認

Adobeクラウドストレージは、Creative Cloudデスクトップアプリをインストールした時に勝手に同期用ディレクトリがユーザーホームに作成される。

シンボリックリンクの作成

デスクトップとかにこいつめがけてシンボリックリンクを作る。
なんかようわからんが、普通のlnと違いリンク名がオリジナルのディレクトリ名称と同じになってしまうので、リンク作成した後にmvでリネームしてる。

一応同期テストもしてみたところ問題なく同期されたので、リンク経由でも普通のディレクトリ感覚で利用可能。
 
 

 

-Web製作, マシン環境
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

STINGER8で初めての投稿の準備をする

WordPressのテーマ、STINGER8を利用した場合の、初めての投稿の準備をします。 目次 前提 アウトプットイメージの確認 投稿の基本形を考える ソースコードをブログ上に表示させるための準備 …

【備忘】gitのglobal userとlocal user使い分け

Macで初めてgit commitした時に、「お前は誰だ?」的な感じで怒られた。

でユーザー名とメールアドレスを指定する必要があるらし …

SiTest入門 ~サイトへの導入とABテストの実施まで~

サイト分析・改善ツールのSiTestというツールをがすごいという噂を聞きました。サイト自体を改変することなく、各種スプリットテスト(ABテストやリダイレクトテスト、多変量テスト等)を実施できるほか、ヒ …

GulpでWordPressのCI 〜設計編〜

WordPressのテーマファイルをローカルで開発してgithubにpush、そのままサーバーまでデプロイするCIを実現しようと考えています。自分の環境とか踏まえてまずはどうやって実現するか設計しまし …

【WordPress】アフィリエイト広告の自動出し分け

ブログに表示するアフィリエイト広告を自動で出し分けるショートコードを作りました。CSVで表示したいアフィリエイト広告を複数登録しておけば、ランダムに出し分けてくれます。 目次 処理概要 ソースコード …