とあるエンジニアの作業ブログ

CI Web製作 運用

【Stinger8】gulp-phtml-simple-compでheader.phpをうまく圧縮する

投稿日:2019年1月21日 更新日:

Stinger8のテーマファイルをgulpのgulp-phtml-simple-compを使ってphp圧縮にかけたら、バージョンベクタの圧縮がうまくいかなかったので自分用のメモ。
参考gulp-phtml-simple-comp

マンキツ
無料サンプル
誘惑アフタヌーン
無料サンプル
でちゃう!
無料サンプル
はぐれアイドル地獄変
無料サンプル

うまくいかなかった箇所

そのままphp圧縮したら、
【圧縮前】

がうまく圧縮されず、htmlタグから先が丸っと消えてしまい、そのあとの処理がうまく動かなくなってしまいました。

【圧縮後】

修正方法

結局header.phpをちょろっと修正するだけじゃダメそうだったので、gulp-replaceを使って圧縮直後に置換することにしました。

ちょっと危険なやり方ですが止む無し。。。

-CI, Web製作, 運用
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

GulpでWordPressのCI 〜設計編〜

WordPressのテーマファイルをローカルで開発してgithubにpush、そのままサーバーまでデプロイするCIを実現しようと考えています。自分の環境とか踏まえてまずはどうやって実現するか設計しまし …

【WordPress】画像URLをショートコード化する

imgタグなどでsrc属性を指定する際の、画像uriをショートコード化して環境差異を無くします。 目次 作業の目的 メディア設定の変更 functions.phpにuploadsディレクトリを返すショ …

Stinger8のサイドバーにプロフィールを表示する

Stinger8のサイドバーにプロフィールを表示します。 目次 前提 作業手順 ウィジェットにHTMLを記述 CSSで見た目を整える 前提 WordPressがインストールされている Stinger8 …

【WordPress】サーバーのテーマファイルをFTPで自動バックアップ

私みたいに趣味でWordPressを使ってる人はレンタルサーバーを借りてサイトを公開していると思います。 最近のレンタルサーバーにはバックアップ機能が標準/オプションで用意されているものがほとんどです …

DMM電子書籍の広告を自動出し分けするショートコード

DMM電子書籍のアフィリエイト広告は、そのままだとiframe使ってたり味気なかったりで使い勝手が悪いので、自分でカスタマイズしてみました。 ついでに、前に作ったアフィリエイト自動出し分けショートコー …