とあるエンジニアの作業ブログ

Affiliate Web製作 運用

【WordPress】アフィリエイト広告の自動出し分け

投稿日:

ブログに表示するアフィリエイト広告を自動で出し分けるショートコードを作りました。CSVで表示したいアフィリエイト広告を複数登録しておけば、ランダムに出し分けてくれます。

処理概要

  • 広告タイプを引数として渡すとその広告タイプに応じた広告をランダムに決定し、その広告を表示するためのhtmlコードを返す
  • 広告タイプがnullの場合は全ての記事からランダムに返す
  • 候補となる広告はCSV形式で与える
  • デフォルトではCSVはfunctions.phpと同じディレクトリに配置する

ソースコード

functions.phpに以下コードを追加します。

広告データを登録するCSVは、functions.phpと同じディレクトリにaffiliate.csvという名前で配置します。
CSVのレイアウトとサンプルは以下です。

 

使い方

でショートコードを呼び出すだけです。
なお、CSVの置き場や名前を変えたい場合は$filepath = dirname(__FILE__)."/affiliate.csv";を変更すればOKです。

注意点

  • CSVの2カラム目に登録するHTMLですが、,(カンマ)が入っていなければなんでもOKです。もしカンマを含むHTMLを埋め込みたいなら囲み文字をうまく使うかTSV形式などを読み込むように改造してください
  • 引数がCSVに登録されているものでないと広告が1件も表示されなくなります
  • 同じページ中で同一広告タイプで呼び出すと同じ広告が表示される場合があります

-Affiliate, Web製作, 運用
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【WordPress】Google Search Consoleへのサイトマップ登録と確認方法

Google Search Consoleにサイトマップを登録するメモ。これをしないとクローラに記事を拾ってもらえない。 7,8年前に1回やったことあるんですが、昔とやり方がめっちゃ変わってて結構焦り …

【Stinger8】gulp-phtml-simple-compでheader.phpをうまく圧縮する

Stinger8のテーマファイルをgulpのgulp-phtml-simple-compを使ってphp圧縮にかけたら、バージョンベクタの圧縮がうまくいかなかったので自分用のメモ。 参考gulp-pht …

STINGER8で初めての投稿の準備をする

WordPressのテーマ、STINGER8を利用した場合の、初めての投稿の準備をします。 目次 前提 アウトプットイメージの確認 投稿の基本形を考える ソースコードをブログ上に表示させるための準備 …

MacでのAdobeクラウドストレージ活用と作業用ディレクトリ

最近Macを買い換えた。新しいMacはStorageを256にしたのでローカルにバンバンファイルを保存するのには不安が残る。 そこで、これを機に本格的にローカルへのファイル保存をやめて、全てクラウドス …

【備忘】gitのglobal userとlocal user使い分け

Macで初めてgit commitした時に、「お前は誰だ?」的な感じで怒られた。

でユーザー名とメールアドレスを指定する必要があるらし …