とあるエンジニアの作業ブログ

Web製作

【WordPress】Google Search Consoleへのサイトマップ登録と確認方法

投稿日:2019年1月4日 更新日:

Google Search Consoleにサイトマップを登録するメモ。これをしないとクローラに記事を拾ってもらえない。
7,8年前に1回やったことあるんですが、昔とやり方がめっちゃ変わってて結構焦りました。

ドラゴンクエストモンスターパレード

やりたいこと

Google Search Consoleにサイトマップを登録し、クローラに新しい記事を投稿したら優先的に拾ってもらえるようにしたい。
もちろん手動は不可。自動更新。

「Google XML Sitemaps」プラグインを利用

調べたところ「Google XML Sitemaps」というプラグインを使えば簡単にできる模様。
結構いろんな記事がありましたがこちらがわかりやすかったです。

参考Google XML Sitemaps – XMLサイトマップを生成できるWordPressプラグイン

プラグイン使ったら速攻できて焦ってたのがアホらしくなった。笑

ちなみに、やりたいことに書いてある自動更新もやってくれるようです。
「Notify Google about update of your site」と「Notify Bing(formely MSN Live Search) about update of your site」のチェックを忘れずに。

登録結果の確認

さて、作業自体は完了しましたが、本当に正しく登録されているのか気になると思います。
ということで、Googleにサイトマップ登録されたのか確認する方法についても記載しておきます。
(ちなみにGoogle側の処理の問題上、反映されるまで少し時間がかかります。私の場合は1〜2時間ほどでした。)

Google Search Consoleにアクセスして、左側のメニューからインデックス > サイトマップと選択してください。そうすると先ほど送信したサイトマップが登録されていることが確認できます。
サイトマップ画像1

更に、クロール後はドリルダウンすることでサブサイトマップと、それぞれのサイトマップに含まれるページ数も正しく登録されていることが確認できました。サイトマップ画像2

-Web製作
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Stinger8のサイドバーにプロフィールを表示する

Stinger8のサイドバーにプロフィールを表示します。 目次 前提 作業手順 ウィジェットにHTMLを記述 CSSで見た目を整える 前提 WordPressがインストールされている Stinger8 …

STINGER8で初めての投稿の準備をする

WordPressのテーマ、STINGER8を利用した場合の、初めての投稿の準備をします。 目次 前提 アウトプットイメージの確認 投稿の基本形を考える ソースコードをブログ上に表示させるための準備 …

【Stinger8】ページング(page-numbersクラス),サイドバーリストのレイアウト修正

Stinger8の細かなレイアウト修正をします。 目次 トップ下部の投稿一覧をページングする部分(page-numbersクラス)のレイアウト崩れの修正 サイドバーに表示される最近の投稿やアーカイブな …

【超初心者向け】githubでテーマファイルをバージョン管理する

恥ずかしながらgitでリモートリポジトリ管理するのが初めてなので自分用のメモ。 目次 やりたいこと 動作環境・前提 テーマファイルをmasterブランチで管理するまで 開発用のfeatureブランチ作 …

SiTest入門 ~サイトへの導入とABテストの実施まで~

サイト分析・改善ツールのSiTestというツールをがすごいという噂を聞きました。サイト自体を改変することなく、各種スプリットテスト(ABテストやリダイレクトテスト、多変量テスト等)を実施できるほか、ヒ …